(2020年6月)
「公営住宅に連帯保証人が不要」のお知らせ




 広島県と広島市は、入居希望者の安心、安全な暮らしにつなげる観点から、県営・市営住宅の入居者へ契約時に求めていた連帯保証人を不要にしました。
 県住宅課は「セーフティーネットとしての機能も高まる」としています。


(2020年6月5日 中国新聞 掲載)